Array
(
    [0] => WP_Term Object
        (
            [term_id] => 20
            [name] => 議事録・書き起こし
            [slug] => minutes-2
            [term_group] => 0
            [term_taxonomy_id] => 20
            [taxonomy] => casestudy-category
            [description] => 01_00
            [parent] => 0
            [count] => 26
            [filter] => raw
        )

)

議事録・書き起こし

株式会社翻訳センター様

オンライン商談・会議を
AI音声認識で自動書き起こし
信頼できるエビデンスとして活用
テーマ 議事録作成・書き起こし
サービス AmiVoice ScribeAssist
業種 産業翻訳サービス

個人の記録では、情報の量と精度が不確か

これまで顧客・取引先・社内など、さまざまな打合せ・会議は参加者が各自で記録を作成していました。人によって記録の形式や表記に違いがあるため、後から見返した際に意味を取り違えるケースもあり、課題となっていました。
また、会議終了後に個々の記録を集約して行う議事録作成は、情報の整理や確認に手間がかかり、業務負担となっていました。議事録内容の充実と、情報の正確性向上、業務負荷の軽減を目的に、議事録自動作成ツールの導入を検討しました。

自動書き起こしの利便性と、機密性の高さを評価

AmiVoiceは、AI音声認識技術により会議中の全ての発言を自動で書き起こせること、また書き起こしたデータの編集・保存・出力ができ、音声の聞き直しも容易にできるため、当社の抱える課題を確実に解決できると思い、導入を決めました。
また、AmiVoiceはスタンドアローンで稼働するため、情報が外部へ漏洩する危険性がない点も重要な選定ポイントとなりました。

オンライン商談・会議で活用。議事録の正確性が向上

オンライン会議が一般的になりつつある中、当社では顧客との商談・製品説明・デモンストレーション、取引先や社内の定例会議など、多くのシーンでAmiVoiceを活用しています。
AmiVoiceは、会議内容を音声と文字、2種類のデータで保存・出力できるため、見返しやすく、かつ確実なエビデンスとして活用できる点が大きなメリットだと感じています。書き起こしの精度はもちろん、話者識別の精度も優れており、発言者と発言内容が正確に記録できるため、導入前に比べて充実した議事録が作れるようになったと実感しています。
また会議中・会議後を問わず、いつでも認識結果の編集ができるので、会議後に必要な作業が減り、議事録作成業務の効率が上がりました。
文字化したデータは複数の形式で出力できるため、議事録の用途に合わせて最適なフォーマットを選べる点も評価しています。

製品へのお問合せ・製品情報について